So-net無料ブログ作成
検索選択

高松宮記念から続いているG1のサインがオークスでも果たして続くのか? [オークス]

早いもので5月も後半に入った。

昨日のヴィクトリアマイルで6週連続のG1レースが3つ終わり、後は最大のイベントでもある日本ダービーを含む3つのG1レースが残されている。

それにしてもこの春のG1での池添はどの馬に乗せても善戦こそするが勝利は無し。

桜花賞のシンハライトで始まり、天皇賞のカレンミロティック、NHKマイルCのロードクエスト、そしてショウナンパンドラとあと一歩の所で大漁を逃している。

今週は桜花賞馬が早々とリタイアしたオークスが行われるが、恐らく池添が乗る桜花賞2着のシンハライトが1番人気になるのではないか。

本人としては「今度こそ!」の想いが相当強いはず。

果たして今週でその膿が取り除かれるのかどうなのか、馬券を買う側としてもほんと興味深い。

ただいつも言うが、そこは競馬なんで人気のシンハライトでコケて、次週のダービーのロードクエストで穴を開けるということも無きにしも非ずと考えている。

個人的には池添という男は、オルフェーブルで確かに天下を取ったが、そのオルフェ以外ではどちらかといえば大舞台で人気薄の馬を激走させる方が彼には似合っているように思うのだが...

まぁ、いずれにしろ今週のオークスは池添シンハライト対桜花賞上位組、フローラS組、スイートピーS組、忘れな草賞組という図式になるであろう

そして、オークスを前にして今までのG1レースを振り返ってみると、ある共通した「サイン」がずっと続いている。

それは高松宮記念から始まり、昨日のヴィクトリアマイルまでなんと「6回」も連続してである。

そのサインとは、ある騎手にスポットライトが当てられているのだ。

高松宮記念では勝利に導き、続く桜花賞では3着に好走させ、次の皐月賞ではその騎手と同枠の馬が2着に入り、天皇賞では本人がまた3着に好走させ、NHKマイルCも大外枠にも拘わらずこれも3着に入って穴を開け、昨日のヴィクトリアマイルではやはり同枠の馬が2着をした。

全てその騎手自身が馬券に絡むか、またはその騎手と同居した枠や馬が馬券になるなど、とても偶然とは思えないような出来事が続いている。


ココまで言えばもう誰だかおわかりになると思うが、その騎手とはズバリ「福永祐一」である


今週のオークスではてっきり藤原厩舎のエンジェルフェイスに跨るのかと思いきや、桜花賞で3着になったアットザシーサイドに乗る予定。

果たしてこの「サイン」が7回連続で続くのかどうか、これは個人的にもおおいに楽しみで仕方ない

福永祐一アットザシーサイドがどこへ入るのか?

楽しみな木曜日の枠順発表だ。








金運アップのパワースポットに近いお勧めの格安ホテル

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。