So-net無料ブログ作成

ペースから読み取る2016ダービーの優勝馬候補!? [日本ダービー]

カラスが鳴かない日があっても、舛添って言葉がでない日はないぐらい叩かれて、叩かれて、叩かれまくっている舛添さん

ココまでくるともう笑いしかでないぐらい化けの皮が剥がされてきているね

おまけに「第三者」という言葉を「流行語」までにしちゃうとは!!

辞任も秒読み段階、夏の参院選との兼ね合いが微妙なところだが、百条委員会の設置が確定的になったらあの猪瀬さんと同様に恐らく辞めるでしょ。

ただなぁ、知事再選となるとまた余計な金が掛かるし、一都民としては無駄な税金は使ってもらいたくないというところなんだが...



2016年日本ダービーの枠順発表を明日に控えた。

関東地方の天候は明日と金曜日は下り坂だが、土曜日、日曜日は晴れときどき曇りの予報が出ているので、まぁ、良馬場で今年のダービーは行われそう。

枠順が確定し、オッズとの兼ね合いや、当日の流れなどを見つつ最終的な判断はするものの、自分の中では2016年のダービー馬候補というのは頭の中でほぼ決まっている。

その優勝馬候補というのはこの3頭の馬たち。


リオンディーズ
スマートオーディン
サトノダイヤモンド


そして、馬券圏内に入りそうな馬たちがコレ。

マカヒキ
ヴァンキッシュラン
ディーマジェスティ
マウントロブソン
レッドエルディスト


ここまでだと思うんだよなぁ

後の10頭は場を盛り上げるための脇役、あくまでもお客さんだと思っている。

今年のダービーを考える上で、自分が最も重要視した部分というのは「ペース」である。

皆さんもご存知のように今年の皐月賞は近年稀に見るハイペースだった

あのデムーロが「ココまでペースが速くなるとは!!」と言わしめたぐらいのレースだったということ。

「展開は水物」とよく言われるが、こればかりはゲートを開いてスタートが切られないと誰にもわからないことである

あの皐月賞はハイペースになってくれたお陰で、その恩恵を一番に受けた馬が勝ったディーマジェスティだったのだ。

ただ、ダービーではどう考えても皐月賞と同様なハイペースにはならないだろう

二度続けて同じようなレース展開にはまずならないということ。

それは過去のレースが物語ってもいる

例えば去年の桜花賞とオークスが良い例だ

桜花賞はドがつくほどのスローペースで意表をついたレッツゴードンキが逃げ切れた訳だがオークスでは一転、そのレッツゴードンキが馬群に沈みスローペースに泣かされたルージュバックが巻き返しをした。

更に2009年の皐月賞とダービー。

あの時もハイペースで流れ、断トツ人気のロジユニヴァースと2番人気のリーチザクラウンが揃って馬群に沈み、勝ったのは後方待機が嵌った3番人気のアンライバルドと、同じく後方にいたトライアンフマーチの1、2着。

そして、ダービーではどうなったかというと、皐月賞でハイペースに泣いたロジユニヴァースとリーチザクラウンが巻き返したのはご存知の通り。

このようにペース次第でガラリと着順が変わってしまうというのも競馬の難しいところでもある

もちろん、ディーマジェスティという馬が終わってみれば想像を遥かに超えるような強い馬だったというのは無きにしもあらずだし、心情的に蛯名にはダービージョッキーになってもらいたいというのはあるが、やはり今回は勝つまでには至らないだろう。

よって今年のダービーを勝つ馬は、皐月賞で負けた上位組のサトノダイヤモンドかリオンディーズ、もしくは今や鉄板ローテと言われている毎日杯、京都新聞杯を連勝して一番勢いに乗るスマートオーディンとしている。

マカヒキに関してはこれは正直ほんとわからない。

ただ、馬券に絡んでくる確率はかなり高いと思うのだが...

さぁ、明日の午後3時ぐらいには注目の枠順が確定する。

自分の中での最大の◎リオンディーズがどこへ入るのか?

楽しみに待ちたい。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。