So-net無料ブログ作成

安田記念の的中は信頼性に欠けるTベリーが乗ってくれたおかげです [安田記念]

麻雀好きな当方としては競馬の当たりもよくその麻雀に例えてしまう

3、6、9ピンの3面待ち、9ピンをツモると2600、3ピンをツモるとタンヤオがついて5200、6ピンはドラでそれをツモると3色も確定しメンタンピン3色ドラ1で一気にハネ満まで跳ね上がる!

昨日の安田記念は例えTベリーが跨っても悪くても2着は外さないだろうとの考えからモーリスを軸にした馬単(表裏)と、モーリス軸1頭流しの3連複で勝負した。

モーリスの相手には同じ海外G1ホースのリアルスティールにイスラボニータ、ロゴタイプの両皐月賞馬、デムーロのロサギガンティア、そして最後にもしやのダノンシャークを入れた5頭とした。

結果はご存知の通り、モーリスが逃げるロゴタイプを差せず、まさにドラの6ピンをツモったかのような「ド高目」で決まってくれた。

安田記念 ロゴタイプの逃げ切り

サトノアラジンや急遽乗り代わりのフィエロは一銭も買っていなかったので3連複は外してしまったが、まぁ結果オーライの安田記念だったと言えるかな。

これが、モーリスの鞍上がRムーアやJモレイラなら金額も倍にして1着固定でしか馬単は買っていなかっただろう

ありがたかったのは今回は日本のG1レースではまだまだ信頼性に欠けるTベリーが跨ってくれたおかげで馬単の表と裏を買うことができた。

逆にレバタラになってしまうが、フィエロの急遽の乗り代わりがなければフィエロも馬券に付け加えていたのに、これは勇み足になってしまったのが残念だった。

しかし田辺という男は一昔前の江田照によく似てるなぁ

最近でいえばコパノリッキーやら、ヴェルデグリーン、フラアンジェリコ、そして今回のロゴタイプといい、人気薄の馬を頭から持ってくるんだから穴党にはたまらない騎手だろうね

江田照は結局二流止まりで騎手人生を終わってしまいそうだが、この田辺はまだまだこれから活躍の場を広げていくでしょ。

そして、忘れたころにド~ンと持ってくる「人気薄の田辺」には今後も要注意だね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。