So-net無料ブログ作成
検索選択

小結が横綱を倒す格好の晴れ舞台、それが宝塚記念だ!! [宝塚記念]

梅雨らしい天気が続いている

雨が降ったり止んだり、時折強烈に陽が差して真夏のようなお天気になったりとほんとこの時期はうっとうしいね

そんな中で昨日宝塚記念の枠順が決まった。

まぁ、春のグランプリにふさわしい豪華メンバーが揃ったといっていいかな。

ただ、人気とファン投票が全然一致していないドゥラメンテの不可解差がとにかくわからない

皆さんも「えっ、なんでドゥラメンテが6位なの?」と思ったはず。

レースでは1番人気を争う馬ですよ(恐らくキタサンブラックを抑えて1番人気だと思うが...)

すでに暗雲が立ち込めている今年の宝塚記念である。



毎年、どんよりとした天候の中で行われることが多いこの宝塚記念。

やんちゃなゴールドシップのお陰で地鳴りのような悲鳴が今でも耳に残っている

今年で57回目を迎える当レースだが、記憶に残るような幾多の名勝負が繰り広げられてきた。

宿敵メジロマックイーンに度重なる敗戦を強いられたが、ようやくその宿敵をココで倒した今は亡きメジロライアン。

そのメジロ牧場の勢いが勝り、人気薄の低評価で逃げ切り勝ちを演じたメジロパーマー

バブルガムフェロー、サクラローレル、マヤノトップガンというライバルたちにようやく追いついたマーベラスサンデー。

華麗な逃げ切り勝ちが今でも記憶に新しいサイレンススズカ。

宿敵テイエムオペラオーにやっと勝てたメイショウドトウ。

近藤オーナーが、武豊と絶縁して岩田に乗り換えこのレースを制したアドマイヤムーン。

当時は絶好調だった内田博幸の勢いが馬に乗移り人気勢をなぎ倒したエイシンデピュティ。

まさかブエナビスタを差しきるとは!!善臣先生の大殊勲だったナカヤマフェスタ。

2年連続で1番人気のブエナビスタに苦杯を舐めさせた佐藤哲三のアーネストリー。

そして、史上初の宝塚記念3連覇が掛かっていたゴールドシップが大出遅れをしたのを尻目に先行抜け出しで強者たちを退けた去年のラブリーデイ。

こうやって書いていくと、上記に名を連ねた馬たちにはある1つの共通する「キーワード」が隠れているのがおわかりだろうか?

これは、この宝塚記念というレースを当てるための重要な「傾向」ともいえる。

そう、その傾向とは、まさに「G1初制覇」。

相撲で言えば、小結が大関や横綱を倒す格好の舞台でもある

ドゥラメンテ、キタサンブラックという1、2番人気の馬を尻目に今年もノンタイトルホースが激走すると当方は読んでいる。

今年はG1ホースが6頭、そしてG1未勝利馬が11頭。

そのG1未勝利馬の中から最も今年の宝塚記念を制するにふさわしい馬は?



◎アンビシャス



前走の大阪杯では横山典がテン乗りで新味を引き出し、逃げるキタサンブラックを見事に差しきった

後方一辺倒だった同馬だったが、今ではペースに合わせどこからでも仕掛けていけるだろう

恐らく同馬は4~5番人気。

この宝塚記念を2勝している横山典が引き続き跨るのも心強い。

去年、圧倒的な1番人気にも拘わらず60億円という馬券を一瞬にして紙くずにさせた責任を本人は痛感してるはず。

今年は彼のリベンジに賭けてみたい。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。