So-net無料ブログ作成
検索選択

デムーロでも勝てなかった藤岡健一厩舎の期待馬ビッグアーサー [シルクロードS]

もう2着はいらない

目標の高松宮記念へ向けてココはなんとしても勝っておきたい

息子(次男・康太)はのんびりと構えすぎ

ベスト距離に戻るビッグアーサーが、鞍上にミルコ・デムーロを迎えて勝ちにきたのが今日のシルクロードSだったはず。

ご存知デムーロは今の快進撃で行けば年間200勝ペース、鬼に金棒だ。

しかし、結果は勝ったダンスディレクターから0.6秒離される5着に押し上げるのが精一杯だった。

確かに今回は不利な大外枠に入ってしまったというのはある

でも、デムーロならまず馬券は外さないだろう、なんとか格好はつけるだろうと思ったのだがやはり競馬は甘くなかったか。

サウンズオブアースやジュエラーでもなかなか重賞という物を手にできないこのデムーロと藤岡健一氏のコンビ。

あまり相性というものが良くないのか?

それとも、藤岡健一氏に問題があるのか?

まぁ、確かに氏が開業してからすでに14年という歳月が経つものの、パッとした成績をあげられていない。


●藤岡健一厩舎の過去の管理馬

トップオブワールド(2004年ユニコーンステークス
アズマサンダース(2005年京都牝馬ステークス)
タマモサポート(2006年ラジオNIKKEI賞、2009年京都金杯)
ワンカラット(2009年報知杯フィリーズレビュー、2010年函館スプリントステークス)
サマリーズ(2012年全日本2歳優駿、2014年クラスターカップ)

上記を見てもわかるがこの厩舎から一流馬が育っていないというのは事実であり、あらためてこれは今後のためにも頭に入れておきたいところだ。

それに比べて最内から上手な競馬をして勝った浜中のダンスディレクターは今後のスプリント路線を占う意味では新星が誕生したといってもいいだろう

次の高松宮記念ではおおいに期待できる今日の勝利だったと思う。





出た!470万馬券!!高配当狙うならココ



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

浜中が落馬事故!横山和じゃ買えなかった東海S [東海S]

昨日はお昼過ぎにウインズへ出向いて行ったので知ったのは現地に到着してからだった

『浜中が落馬負傷、2R以降全て乗り代わり』

えっ、まじ!!

早速、中京1Rの動画をスマホで見てみた。

浜中騎乗の1番人気のマーキークラブが先頭で4コーナーを回る瞬間とんでもないことが起こった

そのマーキークラブが急に外側に大きく斜行して外ラチの方まで行って馬ごとコース外に吹っ飛んだ!!



うわ~、浜中、コレ大丈夫なのかよ?

すぐさま浜中は病院へ駆けつけたそうだ

動画を見終わって乗り代わりを確認したら、なんと東海Sのロワジャルダンには横山和の名前が!!

確かに突発的な出来事だっただけに、空いてる騎手を乗せるしかなかったんだろうが

俺の心の中では『横山和』じゃ買えないな・・・と結論づけた

でも、何故かレースの直前までロワジャルダンの1番人気というのが変わらなかったのが不思議で仕方なかった

横山和が馬に跨ってるだけで勝てるとは到底思えなかったからだ

結果、横山和は彼なりに巧く乗った方だとは思うが3着までに押し上げるのが精一杯だった。

以前、元JRA騎手の藤田伸二がTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」に出演の際に彼らしいぶっちゃけトークをしていたのだが

その中でこのようなことを彼は言っていた

「仲介者(エージェント)が力を持ちすぎ。

今は“馬9・人1”だから、強い馬に乗れば、つかまっていても勝てる」

今、上にいるやつ(リーディング上位騎手)で上手いやつはいない。

G1レースは大手馬主の運動会」

確かに彼の言うことは間違っていない

だが、今のデムーロやルメールを見てほしい

彼らは藤田の言う「強い馬」ばかりに乗っていなくても、地味な調教師や個人馬主の馬でさえバンバン勝たせたり、馬券圏内へ馬を導いてきてるじゃないか!

これはいうまでもなく騎手の技量が物を言ってるといっても過言じゃないと思う。

だから昨日のロワジャルダンもあれが浜中だったらと残念に思えてならない

いずれにしろ、後になってわかったことだが幸い、浜中は打撲だけで済んだみたいだから安心した。

中山のAJC杯は武豊の巧みな騎乗と馬の実力が物を言ったレースだった

1着から6着まで全ての馬を買っていたのだが、これも軸の選定ミスをしてしまった

今週から厳寒期の東京開催に場所が変わるが全国的に更に冷え込みが厳しくなってきている

雪で開催が中止にならぬように祈りたいものだが・・・





ワクワクするような競馬グッズが勢揃いです。
ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

難解極まるAJC杯の傾向から見出す勝負馬券とは!? [AJC杯]

数十年に1度の強い寒気がきているということで一時は競馬開催が危ぶまれたけど

どうやら明日は各開催場とも競馬が行われそうで良かった。

近年は荒れるレースと化してきているAJC杯

今年も頭数が揃いオッズも割れて大混戦という形相を表している

中でも面白いのはマイネル勢が3頭出し、藤沢厩舎が2頭出し、松永厩舎も2頭出し、ショウナン勢も2頭出しと同一厩舎、同一オーナーの馬が出走している点も興味深い。

振り返って見ると先々週行われたフェアリーSがダイワ勢の2、3着、そして先週の京成杯はキャロットファームのワンツースリー

2度続くことは3度続くでもしかしたら今週も同一厩舎なり、同一オーナーなりの馬が揃って馬券の対象になるのではないかとも考えてしまう!?

ともあれ、このAJC杯の過去の傾向を探ってみるとほとんどが1番人気~5番人気内の馬が勝利を収めているのだ!!

そしてもう一つハッキリしている傾向がある

それは何かというと、金杯から始まった中山で行われた重賞の勝ち馬は全て4角を4番手以内で回っているということ。

金杯を勝ったヤマカツエースは4番手で4コーナーを回り、フェアリーSを勝ったビービーバーレルは先頭、そして京成杯を勝ったプロフェットも4番手で回っていづれも勝利を収めている

この傾向からして明日のAJC杯もペースは恐らく平均よりもスローになるのが濃厚で、4コーナーで先団に取りついている馬が勝つ可能性は非常に高いということが言えるだろう。

たぶんスズカデヴィアスがハナを切り、同枠のヤマニンボワラクテもそれに続き、その後ろにマイネルフロスト、ステラウインド、ディサイファあたりが続く隊列になると思われる。

なので、これら前に行っている馬の中からさらに絞り、スズカデヴィアスとマイネルフロストを軸にした馬券で勝負しようと思っている。

いずれにしろ馬券は一筋縄では収まらないとは思っている。






【無料】競馬に必須の予想ツール【KLAN.jp】



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2016年東海Sを皮切りに浜中騎手がダート界の頂点へと導く! [東海S]

明日からまた西日本を中心に天気が荒れ模様と予報では出ている

西日本では大雪となり、太平洋側でも積雪となる恐れがあるみたいだから周辺地域にお住まいの方はくれぐれも注意してもらいたい。

愛知県地方は幸い雪マークが出ていないが、へたしたら京都競馬の開催が危ぶまれるかもしれないな。


日曜日に行われる中京での東海Sだが今年は出走頭数も少なくメンバーも小粒揃い。

唯一のG1ホースである古豪のローマンレジェンドを含め、有力馬は4~5頭といったところか!

中でも、この東海Sをステップに今年確実に飛躍していきそうな馬はというと

1番人気が濃厚なロワジャルダンだろう。

みやこS勝ちはフロック的に見られていたが、前走のチャンピオンズカップでは不利な大外枠をものともせずに4着と大健闘。

あの競馬を見てこの馬は強いと確信した!

恐らくこの馬はサウンドトゥルーやノンコノユメ、ホッコータルマエやコパノリッキーと共に今年の古馬ダート路線を引っ張っていくに違いないとも思わせた内容だった。

その馬が年明けのこのフェブラリーSの前哨戦に駒を進めてきた

枠も真ん中の5枠と文句なし。

余程のことが無い限り馬券を外すとは考えづらい。

G1へ向けて視界良し的な競馬をするであろう。

同馬に跨る浜中騎手も今やノリに乗ってるトップジョッキー

今年は去年以上に一連の重賞やG1レースを勝ちまくるんじゃないかと、そんな予感もしている。





《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
人気のコンピ指数がレース前夜に読める!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

名手と言われた岩田康誠が不調に陥っているのは何故なんだ? [騎手]

騎手とて人間

好、不調の波というのは必ず訪れる

あの武豊にしろ、引退した安藤勝にしろ、ウチパクにしろスランプというのは容赦なく名手にも降りかかる

このところの岩田ジョッキーを見ていると彼にも『不調』という波が襲い掛かっているのではないかと思うのは決して俺だけじゃないはず。

iwata0806.jpg

去年の前半から夏の終わりぐらいまでは皆もが知っての通り彼は勝ちまくった

とくに重賞ともなれば彼の名前が必ず馬柱にあり

これでもかというぐらいにサマーシリーズでは毎週のように重賞も勝ちまくっていたのは記憶に新しい

夏が終わり去年の後半はさすがに前半勝ちすぎた反動が出たんだろうなと思って静かに見守っていたが

それ以来どうしたことか彼の華麗な手綱捌きが見れなくなってきたのだ

それを象徴するかのような出来事が去年の暮れのクリスマスキャロル賞で垣間見えた

岩田が乗っていたのは 2人気のサンライズネオという馬

道中は中段よりも後方に構えていたのだが、直線に向くやどんどんストライドを伸ばし鋭い末脚で馬群を捌き1着でゴールイン。

とくに彼らしい騎乗でないにも拘わらずゴールした瞬間の彼のガッツポーズ

たかが条件戦を勝ったにすぎないのだが、あの喜びようは彼のそれまでのスランプを脱ぐい去るかのような嬉しさだったに違いない



これを見て俺はハッキリした

彼にはまさしく自分の勝てない騎乗に対する迷いがあったのだと・・・

何故かあれ以来、彼の得意とする『イン付き』があまり見られなくなった!?

2016年、新たな年に変わっても彼の騎乗ぶりはあまり変わらない

どちらかというと彼らしい強引な騎乗が見られなくなってしまったのだ

現在はそれもあってかどうかわからないが、まだ勝ち星は『3勝』に留まってしまっている

果たして今後は騎手『岩田康誠』という男はどうなっていってしまうんだろうか?

今のままでは去年までの勝ち星を挙げるのは難しくなっていくように思えてならないんだが・・・







転職前に知りたい!
タクシー運転手のメリットとデメリット
   

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

荒れるとわかってた愛知杯と2016年AJC杯の展望 [AJC杯]

ここ数日、とにかくSMAPの解散騒動で持ちきりになっている。

俺自身、思いっきりSMAP世代なので、今回の騒動にはかなり驚いたな。

まだまだ、いろんな情報がネット上では飛び交ってはいるが

とりあえず『存続?』が決まったようで良かったとは思っている。


先週の重賞を振り返ってみると

確実に荒れるとわかっていた『愛知杯』だったが獲れなかったのがとにかく悔しい

2着のリーサルウエポン、3着のアースライズは買っていたのに

勝ったバウンスシャッセは休み明け、馬体重22キロ増、次の中山牝馬Sが勝負なのではと思って今回は軽視してしまったが

それがいとも簡単に勝たれてしまった。

やはり重賞2勝馬で尚且つあのハープスターやヌーヴォレコルトと互角の勝負をしていた実績はどうやらココではダテではなかったようだ。

田辺の好騎乗もあったが勝ち馬には素直に脱帽したい

もう一つ残念だったのは日曜日の京成杯

5枠より内に入った馬の勝負だろうと思い、最後の最後までマイネルラフレシアかメートルダールのどちらを軸にするか迷ったが

よりによってマイネルラフレシアの方を軸に取ってしまったのが運の尽き。

メートルダールの方を軸にしていたら3連複は110倍が獲れていたと思うとココの選択ミスもかなり大きかった。

終わってみれば今年の京成杯は(有)キャロットファームのワンツースリー決着。

勝ったプロフェットは去年のベルーフと似たり寄ったりで今後の活躍には?がつくんじゃないかな。


今週はG1フェブラリーSの前哨戦でもある東海Sに中山では恒例のAJC杯が行われる。

去年は1本被りになったゴールドシップが馬群に沈み波乱になったAJC杯だが今年は混戦模様。

サトノラーゼンに誰が乗ってくるのかと思いきや、池江氏はしびれを切らしてかF.ベリーに手綱を託してきた

最近は全然乗れていない岩田からのスイッチとなるがベリーならまぁ信頼してもよさそうだ。

古豪ショウナンマイティや武豊に乗り変わるディサイファ、金杯2着のマイネルフロストと出走を予定しているが

金杯は惜しくも4着に負けたライズトゥフェイムが好枠を引けば再度狙ってみる価値はあるかなと思っている




今や競馬予想ロボットの時代!

ウマニティが誇る高性能競馬予想ソフト『スゴウマROBOT Z(ゼット)』



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

大穴狙いに徹してみたい高配当必至の2016年愛知杯展望 [愛知杯]

年初から業界、いや日本全国に激震が走った!



『SMAP』解散!!!



あのベッキーもDAIGOも吹っ飛ぶくらいの今年最初の衝撃だね

今も尚人気が衰えない誰もが知ってる国民的アイドルグループ。

確かに個人個人の持ち場をみんな持ってるけど、ちゃんとヒット曲もあるグループだけに解散となるとほんと寂しいな。

解散の理由はSMAPの育ての親のチーフマネージャーが退社するのが大きいみたいだけど、こんな形でSMAPが終わるとするなら残念でならない

不謹慎だが、このニュースがもしかしたら今週の競馬界のサインになるのではなかろうか?



競馬は今週から中京が組まれ3場所の開催となる

重賞は中山の京成杯、京都日経新春杯、そして裏開催中京では大荒れ必至の愛知杯が行われる

中でも馬券的な妙味があるのはどの角度から見ても愛知杯だろう

先週のフェアリーS以上にこの愛知杯も荒れに荒れまくっている

恐らく出走頭数はフルゲートの18頭になる模様

先週のシンザン記念もそうだったが、フルゲートの時は何かが起こる

尚且つ面白いことにこの愛知杯の過去10年~20年の勝利騎手を見てほしい。

藤岡康太、酒井学、川須栄彦、太宰啓介、宮崎北斗(2回)、中舘英二、安部幸夫、秋山真一(2回)、吉田稔(2回)、野元昭嘉、河北通、宝来城多、佐藤哲三、幸英明。

これを見ても判るとおり地味な騎手ばかりが名を連ねる。

ルメールや武豊、安藤でさえわずかに1回だけしか勝っていない名手にとっては逆に鬼門のレースなのだ。

個人的には大ホームラン狙いでフルスイングしたいレースでもある

なんせメンバーが低レベル、重賞勝ち馬はバウンスシャッセとメイショウスザンナの2頭だけ。

そのバウンスシャッセはハープスターやヌーヴォレコルトと差のない競馬をした経験はあるものの今回は去年の6月以来の休み明け、更にテン乗り、いかに重賞2勝しているとはいえ割引は仕方のないところ。

そして1~2番人気に押されそうなマキシマムドパリは現状では騎手が未定とあって厩舎の勝負度合いも疑ってしまうほどだ。

中京リニューアル後の2013年には12番人気⇒14番人気⇒13番人気の順で入線して、三連単の配当は400万を超える超特大万馬券が飛び出してもいる。

まだ枠順も出走馬も確定していないのでなんとも言えない部分はあるが、まず正攻法で予想してみたところで獲れるような甘いレースではないと思う。

ココは先週のシンザン記念同様にまたまたサイン馬券が炸裂するか?

とにかく楽しみな牝馬限定のハンデ重賞だな。






スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

シンザン記念&フェアリーSの結果で感じたこと [シンザン記念]

お正月も過ぎて世間ではまたまた3連休だった。

ただ、当方は土曜日に実家へ帰り皆で初詣。

日曜日は仕事。

そして今日は娘の成人式でバタバタしていた。

結果、この3日間開催は腰を据えて競馬に取り組むことができなかった。

こんな落ち着きのない中でパットで馬券を買うもやはり神様は微笑んでくれなかった。

まぁ、仕方ない、こういう時もあると割り切ろう

シンザン記念は武豊から新たに浜中が『シンザン記念男』として襲名したようだ。

2016年のJRAから配布されたオリジナルの無料カレンダーの1月の表紙を飾っていたのが

ドバイデューティーフリーを勝った『ジャスタウェイ』

毎月、様々なヒントをくれるこのカレンダーは本当に重宝している

ココでサイン馬券脳がピ~ンときた

ココから読み取れるのは『ハーツクライ』に『須貝厩舎』

シンザン記念の出走馬の中で唯一ハーツクライ産駒だったのが勝ったロジクライ。

そして、須貝厩舎の2頭出しで人気の無い方がきた

同一厩舎の2頭出しは人気の無い方を買えの鉄則だったわけだな。

2着にきたジュエラーはまさしく牝馬特有の切れで豪快に追い込んで2着した

もちろんこの馬も買っていた

しかし、3着のシゲルノコギリザメっていうのはいったい何なんだ?

確かに年頭から太宰は調子が良い、だからといってこの馬は買えなかったなぁ

レバタラを言っても仕方ないが、3連複じゃなく、馬連、馬単にしておくべきだった。


そして今日行われたフェアリーSは中館調教師の初重賞制覇となった。

まぁ、戦前から勝つのはおそらく今後あまり活躍しそうもない地味な馬だとは思ったけど

案の定、逃げ勝ったビービーバーレルという馬は今回はまさしく展開に恵まれての勝利だったように思う。

こちらも3連複BOX馬券で勝負をしたのだが、3着のダイワダッチェスが買えなかった。

今日は成人式だったので、競馬の世界でも新成人が活躍するのではないかと思っていたが

松若君が2勝、石川君が1勝、そして小崎君が13番人気の馬を3着に持ってくるなどそれぞれ活躍をしたみたいだね

フレッシュでガッツ溢れるこの新成人君たちの今後の活躍を期待したい。








スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

金杯出走馬の後々の人気薄での激走にも要注意! [金杯]

先日このブログでも取り上げたが金杯で馬券になった馬や騎手、調教師、馬主は年間を通して活躍する可能性が高いから今後は要注意と書いた。

中山金杯は勝ち馬ヤマカツエース、騎手池添、調教師池添兼雄、馬主山田和夫。

2着馬マイネルフロスト、騎手松岡、調教師高木登、馬主ラフィアン。

3着馬フルーキー、騎手M.デムーロ、調教師角居勝彦、馬主金子真人


片や京都金杯の方は勝ち馬ウインプリメーラ、騎手川田、調教師大久保龍志、馬主は去年と同じく(株)ウイン

2着馬テイエムタイホー、騎手浜中、調教師鈴木孝志、馬主竹園正繼。

3着馬ミッキーラブソング、騎手小牧、調教師橋口弘次郎(2月で定年)、馬主野田みづき


上記が今年の東西の金杯で馬券になった面々だが、とくに人気の無い時には注意を払いたい。




そして今日はそれにプラスして、馬券にはならなかったが東西の金杯に出走した馬たちもその後は人気薄で活躍することがしばしば見受けられるのでこちらも合わせて覚えておくと良いだろう。

ちなみに下記は去年の東西金杯に出走した馬たちのその後の動向である



★2015年中山金杯出走組

4着パッションダンスは9月の新潟記念を6番人気で快勝。

5着アイスフォーリスは引退レースとなった中山牝馬Sで2着に好走。

6着マイネルフロストは福島民報杯を快勝。

7着ヒュウマは一息入れた5月の大阪城Sで8番人気で3着。

9着ナカヤマナイトも2走後の5月の新潟大賞典で13番人気にもかかわらず2着に激走。

10着ペルーサは夏の札幌日経OPで久々の勝利。

12着アンコイルドは5月のブリリアントSで13番人気で3着に好走

13着ケイアイエレガントは次走の京都牝馬Sを9番人気で逃げ切り勝ちを収め、G1ヴィクトリアMでは12番人気で大万馬券の片棒を担いだ。



★2015年京都金杯出走組

4着フルーキーは東京新聞杯、ポートアイランドSで馬券になり、暮れのチャレンジCを快勝。

5着グランデッツァは都大路Sで馬券になり、夏の七夕賞を快勝。

6着メイショウヤタロウは5月の谷川岳Sで13番人気で2着の激走、米子Sでも7番人気で3着に入り、夏の小倉日経OPを快勝。

11着アズマシャトルは白富士Sと夏の小倉記念を快勝。



全馬が全馬という訳ではないが、金杯に出走して例え下位着順に終わっても、その後のレースで人気薄で穴を開けているのが見受けられる

従って、今年の東西金杯の出走馬たちにも目を光らせておけば、美味しい馬券にありつける可能性が高いので楽しみにしていよう。





スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

金杯は不覚を取るもコンピ指数馬券術が冴える! [金杯]

1年の計は金杯にあり!ということで、なんとか獲りたかった東西の両金杯だった。

だが、残念ながら両方とも不覚を取ってしまった。

中山金杯の方はライズトゥフェイムからの馬券を買うも惜しくも4着。

期待した石川君だったがやはり経験値の差が出てしまったか?

大外をメンバー中最速の上がりで追い込むも馬券にはならず

片や京都金杯の方は荒れると見込んで人気薄のマジェスティハーツから買うもこちらは全然見せ場なし

2着にきたテイエムタイホーはマジェスティの次に見ていた穴馬だったのだが、肝心のウインプリメーラは買えなかったのでこちらは完敗。

金杯で乾杯とはいかなかったが、その金杯以外のレースで有馬記念に続く独自のコンピ指数馬券術が冴えわたっていた。

京都9Rの初夢ステークスの3連複86倍を獲り、中山最終の3連単140倍も頂き、圧巻だったのはコレ
20160107015847.jpg

単勝50倍のクラウンシャインが2着に入ってくれたおかげで、3連複は139倍になった。

ココのところ正攻法で予想するよりも、コンピ指数の方の予想の方がなぜか成績が良い

とりあえずはトータルがプラス収支ということで気分良くウインズをあとにできたのがなによりだった。

今週は成人の日の月曜日も含め嬉しい3日間開催。

調子を落とさず頑張りたい。




スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。