So-net無料ブログ作成

1番人気は鬼門!伏兵の台頭も十分考えられる阪急杯 [阪急杯]

早くも2月の最終週の競馬を迎えた。

今週から舞台が東京から中山、京都から阪神へと変わっていよいよ春競馬がスタートする

ドゥラメンテが復活してくる中山記念を含め、すでに土日の重賞の枠順が確定した。

中でも配当的な妙味が一番そそられそうなのが日曜日の阪神で行われる阪急杯。

ココは頭数も18頭と揃って激戦ムードが漂う。

G1ホースが3頭出走するも現時点では何が1番人気になるのか正直わからないぐらいの混戦のように思われる。

普通なら去年もこのレースで2着して続く高松宮記念でも3着と好走、そして香港スプリントへ遠征したミッキーアイルが躍り出るところなんだろうが

主戦の浜中がご存知のように落馬負傷で休養中、今回は松山が代打を努めるがいかんせん初騎乗、さすがに全幅の信頼は置けないだろう。

ならば去年の秋のマイルチャンピオンシップで逃げて勝ち馬のモーリスとはコンマ5秒差の6着に粘った桜花賞馬のレッツゴードンキが

開幕週の馬場を味方に付けられて逃走できるだろうと考えられ、こちらがわずかながら1番人気か?

ただこの阪急杯というのは、ココで好走した上位馬たちが毎年高松宮記念に絡む最重要トライアルではあるが、2006年から距離が1ハロン延長して行われるようになってから
1番人気馬の勝利というものが「1回」しかない波乱の傾向を示しているレースでもある。

その1回というのは世界でも通用したあのロードカナロアだ。

今回そのレッツゴードンキに跨るのはロードカナロアの主戦でもあった岩田だが精神面的にも復調途上にある彼にはまだまだ不安がつきまとってしまう。

従って、信頼できそうな主役が不在の今回は馬券的にも美味しそうな伏兵陣が虎視眈々。

ブラヴィッシモ、ヒルノデイバロー、ミッキーラブソング、オメガヴェンデッタ、ケントオーあたりは人気との兼ね合いで馬券に組み込むかどうかだが

今挙げた馬たちはこのレースをステップに今後の重賞戦線でも活躍していきそうな気配を感じている。

今でも鮮明に覚えているのがこの阪急杯が初めて1400mで行われた2006年

ミッキーという愛称で親しまれた「松永幹夫」がなんと11番人気のブルーショットガンを勝たせ、そして続く最終レースも連勝して1400勝という華々しい記録を打ち立てて引退していったのだが

ターフの紳士とまで言われた彼はやはり持っているものが違うんだなぁとその時はつくづくと感じたものだった。

あれから10年、今年もその「ミッキー」ラブソングで最後の重賞挑戦をする橋口調教師には果たして持っているものがあるのか?

もちろんミッキーラブソング絡みの馬券は厚めに買おうと思っている





今や競馬予想もロボットの時代!
ウマニティが誇る高性能競馬予想ソフト
『スゴウマROBOT Z(ゼット)』

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

ドバイへ、そして凱旋門賞へ繋がる一戦をドゥラメンテには期待したい [中山記念]

皐月賞、ダービーの2冠達成から約9ヶ月。

両前トウ骨遠位端骨折からようやく復活してくるドゥラメンテが今週の中山記念に出走する。

ドゥラメンテ

果たしてどんな競馬を見せてくれるのか、競馬ファンとしても非常に興味深いところでもある。

この中山記念の後は登録してあるドバイへ向かうのか?

それとも国内の宝塚記念を使い、秋は今年の大目標でもある凱旋門賞へと向かうのか?

現時点では馬の調子を見てから決定されるというのだが

もはやこんなところでは負けていられない、また勝つことが宿命づけられたスーパーホースでもある。

ただ、今年の中山記念には同じ皐月賞、ダービーで戦ったリアルスティールや去年の同レースで1番人気に支持された皐月賞馬のイスラボニータ、去年の秋に3歳馬ながら果敢に古馬に挑戦したアンビシャスにロゴタイプなどかなりの好メンバーが揃ったように思う。

鞍上のデムーロ自身も中山の1800mに関しては少々不安めいていることも仄めかしており、長期休養明けのドゥラメンテにとっても案外手こずる場面があってもおかしくないのではないか?

だが、スターホースとして今後の競馬を楽しみにさせてもらうためにも、今回のステップレースにおいては視界良し的な競馬をぜひ期待したいと願っている







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

ドラマを見せて欲しい!ひな祭りにデビューする藤田菜七子ちゃんへの想い [騎手]

16年ぶりにJRAに女性ジョッキーが誕生する!

その名も「藤田菜七子」ちゃん

愛くるしい笑顔がほんと可愛い18歳の娘さんだ

藤田菜七子ちゃん

身長は?体重は?wikiは?好きな食べ物は?好みの男性像は?

など等、競馬というものをかけ離れてネット上ではまるでアイドルのような存在にもなっている

マスコミもそれに便乗するかのように彼女のことをオモシロおかしく取り上げている。

3/3日のひな祭りに川崎競馬で他の新人ジョッキーたちより一足早くデビューするとのことなので尚更話題にも上がっている。

まぁ、久しぶりの女性ジョッキー誕生ということで、ましてほんと可愛い女の子

話題に取り上げられてヒートアップするのは仕方ないことだとは思うが、少々過熱気味じゃなかろうか。

これにより彼女へのプレッシャーが益々重くのしかかっていることであろう

だからといってプレッシャーを跳ねのけられないようでは到底騎手など務まらない

まして、過去にも日本では何人かの女性ジョッキーが誕生したが、分厚い壁にぶち当たりたいした活躍ができずに引退していっているのが現実でもある

確かに世界各国には活躍している女性ジョッキーがいるのも事実。

だが、昔ならいざしらず、エージェント制度が導入されて完璧な勝利至上主義になってしまった現代の日本の競馬では

どんどん腕のある外人ジョッキーたちに有力な馬が回っていくために

今後はそうそう「人馬一体のドラマ」というは見れなくなるだろう

そんな厳しい現実の中で菜七子ちゃんがどれだけ頑張れるかは未知数だけど、頑張り次第ではいい馬を回してもらえるチャンスがあるかもしれない

ダービーだなんて、そんな大それたことは言わない

小さくてもいい、せめて交流競馬の重賞を掴み取れるような、そんなドラマを我々競馬ファンに見せて欲しい







地方競馬を楽しむならオッズパーク!簡単登録で地方競馬へ投票

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

燃えろ小牧太!勇退する橋口調教師に最後の恩返しを [調教師]

日曜日の小倉大賞典では川田騎乗のアルバートドッグが勝利を収め、今月いっぱいで定年を迎える松田博調教師(通称マツパク)の引退に見事に花を添えた。

「牝馬のマツパク」として、ベガやヴエナビスタ、ハープスターなど何頭もの名牝を育て上げ、数々の大レースを制覇してきた名伯楽が勇退していくのだが

もう一人、マツパクと一緒に勇退していく関西の調教師がいるが、橋口弘次郎調教師も同じく定年を迎える。

橋口弘次郎調教師

橋口氏といえばマツパク同様に数々の大レースを制してきた実力ある調教師の一人でもあったと思う。

ダンスインザダークやザッツザプレンティで菊花賞を2度優勝、ハーツクライで怪物ディープインパクトを破った有馬記念やドバイでのG1勝ちもあり

氏が二度も涙を呑んだダービーでは、ワンアンドオンリーが悲願の優勝を飾ったのはまだ記憶に新しいところ。

通算勝利数991勝で1000勝にあと一歩というところだったんだが、まぁ本人としてはその輝かしい成績にある程度満足して引退していくんじゃないか。

ただ、周りの人間たちは「お世話になった先生になんとしても最後の花道を飾らしてあげたい」と思うのはやはり人情。

そんな中で、その橋口氏に対する想いが誰よりも強い騎手がいる

それは誰かといえば、なんといっても「小牧太」だろう。

橋口氏にはかなりの騎乗機会を与えられ、朝日杯を勝ったローズキングダムを含めて様々な重賞を勝たせてもらい、人一倍に恩を感じているはずである。

日曜日の阪急杯には氏の管理する馬でミッキーラブソングが出走を予定している

この馬が事実上の最後の重賞挑戦となるわけだが、鞍上は燃えに燃えている小牧太。

その阪急杯にはダノンシャークやミッキーアイル、レッツゴードンキらのG1ホースも出走してくるが

前走の金杯で3着と馬も調子良く、得意の阪神コースで小牧太の渾身の騎乗を期待したい






スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

サインが嵌った!2016年を象徴するフェブラリーSの結果 [フェブラリーS]

2週間も前からこのブログで取り上げたフェブラリーSのヒント。

特に今年のフェブラリーSは「石坂厩舎」抜きでは考えられないと伝えてきた。

今年度のJRAから配布されたカレンダーの2月の表紙を飾るのはジェンティルドンナ。

そのジェンティルドンナに関連するキーワードを持っている馬や人物が今回のフェブラリーSで馬券になるのではないかと言ってきた。

結果、カレンダー恐るべし、答えは大正解だった!!

勝ったのはその「石坂厩舎」のデムーロが跨ったモーニンだった。

フェブラリーSを勝ったモーニン

まぁ、的中馬券の配当は2番人気、1番人気、7番人気で入線して馬単が1,510円、3連複が3,820円と安かったので大意張りできるほどではないが

先週の東西の両重賞を外し、昨日のダイヤモンドSをタテ目の決着で馬券が紙くずになってしまったので、今日の勝利というのは嬉しさもひとしおだった。

終わってみればデムーロ・ルメールの外人ジョッキー同士の結末。

ただ、これはまだ始まったばかりだ。

この今日のフェブラリーSの外人ジョッキーの戦いというのは今年を象徴するほんの序曲にすぎないのではないかと考えている。

これから先の一連の重賞やG1レースでも度々このような光景が見られるだろう

デムーロ=ルメール、ルメール=デムーロのワンツー決着というものが!!


早くも2月の東京開催が終了し、来週からはクラシックの訪れを告げる春の中山と阪神が開催される。

しかし、この二人の外人ジョッキーの勢いというのは凄まじい

今月に行われた重賞では毎週のようにどちらかが獲ってきた。


●第1週目=きさらぎ賞(ルメール)
●第2週目=クイーンC(ルメール)・京都記念(デムーロ)
●第3週目=京都牝馬S(デムーロ)・フェブラリーS(デムーロ)


まだ2月の競馬というのはあと1週残っていて、土曜日には阪神でアーリントンC、日曜日には中山で中山記念、阪神では阪急杯が行われる

この流れで言えば当然のごとくデムーロかルメールがどこかの重賞をまた掻っ攫って行くのではないか?

馬券は別として、特に注目したいのが骨折から復活してくる2冠馬ドゥラメンテがどのような走りを見せるのか

またまた楽しみが増える週末が待ち遠しい。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

ダイヤモンドSは逃げ馬が波乱を呼ぶ! [ダイヤモンドS]

今週の土日は全部で重賞が4つも組まれているスペシャルウイーク。

メインのフェブラリーSを含めすでに枠順が確定しているが、まずは明日の土曜日の重賞を考えてみたい

明日はダイヤモンドSに京都牝馬Sが行われるが、どちらも多頭数の競馬になり

これといった軸馬が存在しないために人気も割れて予想も難しいというのが率直な感想だ。

ダイヤモンドSの方は、このレース3連覇を目指すフェイムゲームが出走してくる

普通に考えれば2回も同じレースを勝っているのだから適正という面においてはこの馬が断トツのトップであり

この馬が馬券に絡む確率は他のどの馬よりも高いというのは誰しもが思うところではあるが

いかんせん主戦の北村がまだ戦列復帰しておらず、今回はテン乗りで三浦皇成が跨るのが一つ目のマイナスポイントだろう。

そして、初めて背負う58.5キロというトップハンデがどう影響するか?

過去に58キロは何度か背負ってはいるが、0.5キロというのがこれまた微妙でこれも二つ目のマイナスポイント。

ゆったり流れる3000mの距離なのであまり枠順の有利不利というのはないとは思うが大外16番枠に入ってしまったのが少々気に喰わない。

あとは人気との兼ね合いになるが、今回ばかりは評価を対抗以下に落としたい

逆に狙いたいのは油のノッている4才勢のタンタアレグリアとモンドインテロだ。

前者の方はダービー以外では東京コースで良績を残しているうえに、菊花賞でも勝ち馬とはわずか0.3秒差

この馬にはステイヤーとしての素質が備わっていると考えてる国枝氏が天皇賞を見据えてココをステップに選んできたというのも好勝負を期待できると考えられるだろう

それに5回もこの馬に跨ってまだ勝ち星がない蛯名がそろそろ勝利を物にしても良いタイミングではないかとも思われる。

後者のモンドインテロは1千万、準オープンと連勝中の上がり馬

ダート戦から芝戦へ移行してからずっと長目の距離を使われてきてデビューからまだ一度も掲示板を外したことのない素質馬でもある。

ココ3戦、デムーロにルメールが跨り人気で好走をしてきたが、今回は池添に乗り変わることで人気が下がるのであれば逆に買ってみたい1頭でもある。

他では穴っぽいところで魅力のある馬といえばトゥインクルと、積極策が功を奏すかもしれない最内に入ったスピリッツミノル。

今回は松岡に乗り変わるし、軽量の53キロ、ネオブラックダイヤとの兼ね合いもあるがまず逃げの手を打つと思われる。

波乱があるとすれば単騎で行けるこの馬の逃げ粘りではないかと考えてもいる。







スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2016年のフェブラリーSは2頭出しの石坂厩舎が鍵を握る!! [フェブラリーS]

さぁ、やってきました、今年初っ端のG1レース。

去年と遜色ないぐらい今年も面子が揃いそうだ。

ノンコノユメやコパノリッキーといったG1ホース(交流G1を含む)6頭の他、前走重賞を勝って来てるモーニンやアスカノロマンに、4連勝中の上がり馬スーサンジョイも参加して見所満載、激戦必至のレースとなりそうだ。

ココにホッコータルマエやサウンドトゥルーが出走していたらもっと面白くなったんだが、前者はドバイへ再度の挑戦、後者は一息入れて5月のかしわ記念に向かうとのこと。

さて、今年はどういう角度から的中馬券までのアプローチをしていこうか?

日曜日まで時間はまだたっぷりあるので、じっくりと吟味していきたいと思っている

ただ、このブログでも以前に書いたが今年のフェブラリーステークスは「石坂厩舎」抜きには考えられないだろう?

当初からベストウォーリアとモーニンの2頭出しで、なんとかこのタイトルを獲ってやろうという意気込みが厩舎には感じられる。

それに加えて根岸Sを完勝したモーニンにはデムーロが跨ることが決定した。

厩舎としてはこれ以上ない助っ人だろう、どうやら運も味方しているようにも思う。

人気も恐らくこのモーニンとノンコノユメの両外人ジョッキーたちが分け合うものと思われる。

いずれにしろ鍵は「石坂厩舎」

もしかしたら「親子丼」というのもあるかもしれない







スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

春の嵐の悪戯で1番人気、2番人気が吹っ飛んだ共同通信杯に京都記念!! [京都記念]

昨日は世間ではバレンタインデーというやつだった

まぁ、別に競馬とは関係ないことだが、チョコが溶けてしまうぐらいの異様な暖かさだった

しかし朝から風が滅法強かった

時折、突風が吹き荒れ、路上には壊れた傘の残骸が四方八方に転がっていたのが見えた

あの風の強さじゃビニール傘はすぐ壊れるわな。

東西で行われた共同通信杯に伝統の京都記念。

前日までの降雨の影響で東京も京都も馬場が完全に回復しないままレースはスタートを切った。

京都記念の方は一流馬の参戦がなかったためにオッズは割れて団子状態。

どの馬が勝っても不思議はなかった

自分は去年の同レースでラブリーデイには完敗したものの、逃げ粘りを見せてハープスター、キズナを押さえ込んだ実績の持つスズカデヴィアスに目を付けていた。

このメンバーなら再度単騎の逃げが打てる、まして馬場は重く後ろから来る馬には辛い馬場状態。

人気も外枠が嫌われたのか9番人気の低評価、スズカデヴィアスが好走できる条件は揃っていたように見えた

しかし、スローペースを嫌ってか3コーナーで早々とトウシンモンステラがレースを壊しに掛かり、絡まれた時点でもう駄目だとは思った。

結果、馬場状態を考え早め早めの競馬をしたデムーロ騎乗のサトノクラウンが勝利を物にした。

押し出されるように1番人気になったレーヴミストラルは終始後方のまま見せ場さえ作れずに惨敗

2番人気だったヤマカツエースも最後は距離の壁に泣かされてか5着に敗退した。

1番人気、2番人気が共に馬券にも絡まなかったが、これはこれで想定内でもあった。

しかし、腑に落ちなかったのが東の共同通信杯。

例年、この共同通信杯というレースはさほど多頭数にはならず、実力馬が実力通りの競馬をして、馬券も平穏に収まることが多いレースでもある。

今年もわずか10頭立て、展開もリスペクトアースが確実に逃げてダンディーアローがそれに続く隊列になるだろうとの予測もまったくその通りだった。

直線に向けばインから武豊のスマートオーディンが抜け出しを計り、外を回してスムーズな競馬をしていたハートレーが難なく抜けてくるかと思いきや・・・

あれ、あれ、いったい、いったいどうしちゃったの?って感じだった。

サトノダイヤモンド、リオンディーズに続く第3の馬として高い評価を得、1番人気に支持された2戦2勝馬のハートレーが見せ場も作れずに9着に敗退

共同通信杯と同コースの東京スポーツ杯2歳Sでは桁違いの末脚を繰り出して勝った2番人気のスマートオーディンも6着に負けてしまった。

ハートレーの敗因は終始ノメりどおし、スマートオーディンは何故走らなかったかわからず首を傾げていたということだ。

まぁ、競馬と言ってしまえばそれまでなんだが、自分も含めてこの共同通信杯に関しては怪我をした人も多かろう。

春の嵐に悪戯されたのかな?

そう思いたくなるような昨日の競馬だった。






スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

短期免許で来日中のコントレラス騎手が禁止薬物使用で騎乗停止! [騎手]

清原の薬物問題で世間が大騒ぎしてる中で、JRAでも外人騎手が禁止薬物を使用していたとのことで騎乗停止処分となったようだ!

その問題の人物とは短期免許を取得して来日してるメキシコ出身のルイス・コントレラス騎手だ。

ルイス・コントレラス騎手

日本ではまだまだ馴染みの薄いジョッキーではあるし、彼が活躍できるのはまだ相当の慣れが必要だろうなと思っていた矢先のことだった

短期免許での来日期間は今月の29日までなので、恐らく騎乗できずに免許期間が切れ、なんらかの処分が与えられて帰国するのではないか

彼が服用していたとされる問題の「オキシコドン」という薬。

確か去年、トヨタの役員が逮捕された件でも話題にあがった物だったね。

アメリカでは主に強力な鎮痛剤として使用されているとのことで、簡単に手に入るらしい

ということは、彼はどこか身体の部位を痛めていたとでもいうのか?

今回のケースもただ単に鎮痛剤として使用していたとは思われるのだが・・・

こういう問題は当然、国によってルールが違うわけだし、まぁ、普通に風邪薬を飲むような感覚で、彼自身の認識の違いで今回の問題は起こってしまったともいうべきだろう

問題なのはドーピング検査があるとわかっているにも拘わらず、JRAや身元引受調教師、身元引受馬主たちがしっかりと、来日してくる外人ジョッキーに対して様々な事に配慮していないというのも、今後において考えていかねばならない点だと思う






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

共同通信杯は武豊と松田国コンビが再び旋風を巻き起こす舞台となるのか? [共同通信杯]

レベルの高い今年の3才牡馬世代。

サトノダイヤモンド、リオンディーズに続く馬は果たしてどの馬か?

今週もまたクラシックへ繋がる一戦でもある共同通信杯が行われる。

この共同通信杯もココ最近、ドゥラメンテにリアルスティール、イスラボニータ、ゴールドシップにディープブリランテとこのレースをステップに活躍馬を排出している出世レースだけに見逃せない一戦となりそうだ。

下馬評からは2戦2勝のハートレーと東スポ杯2歳Sの覇者スマートオーディンの2強対決が濃厚なのではといった感じが伺える。

どちらに軍配が上がるかといえば、まぁ競馬だから走ってみなくちゃわからない部分もあるが

久々に有力馬を抱えてクラシック戦線に殴りこみをかける松田国厩舎のスマートオーディンの方に目がいってしまう

松田国厩舎といえばご存知クロフネやタニノギムレット、キングカメハメハにダイワスカーレット、ダノンシャンティといった数々のG1ホースを育てあげた実力あるトレーナーだ。

ただ、強い馬をスパルタ調教で育てるもどちらかといえば大方の馬が短命で終わっていることから「クラッシャー」という愛称がいつしか出来てしまったという事実があるのは周知の通り。

これについては賛否がわかれるところだが、松田国氏曰く「自分たちは馬が壊れたときの損失がどれだけ大きいかを知っています。だから、どうしても安全なほうに行きたがる。しかし、それでは強い馬をつくれません」という持論には確かに頷けるところもあるんだが・・・

まぁ、いずれにしても今年の春は故障さえしなければこのスマートオーディンと、もう1頭馬主がサンデーレーシングでキングカメハメハ産駒のバティスティーニという期待馬が、揃ってクラシックロードへ駒を進めそうなので松田国厩舎からも目が離せなくなりそうだ。

鞍上の武豊もクロフネ、タニノギムレットで大レースを制し松田国厩舎との相性は抜群である

先週のきさらぎ賞では自身が乗っていたロイカバードが一歩後退したことから、今週のスマートオーディンに賭ける意気込みは更に強くなっているはず。

前走の東スポ杯2歳Sと同舞台でもあるのでココは確勝を期待したい






スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。