So-net無料ブログ作成
検索選択

金杯出走馬の後々の人気薄での激走にも要注意! [金杯]

先日このブログでも取り上げたが金杯で馬券になった馬や騎手、調教師、馬主は年間を通して活躍する可能性が高いから今後は要注意と書いた。

中山金杯は勝ち馬ヤマカツエース、騎手池添、調教師池添兼雄、馬主山田和夫。

2着馬マイネルフロスト、騎手松岡、調教師高木登、馬主ラフィアン。

3着馬フルーキー、騎手M.デムーロ、調教師角居勝彦、馬主金子真人


片や京都金杯の方は勝ち馬ウインプリメーラ、騎手川田、調教師大久保龍志、馬主は去年と同じく(株)ウイン

2着馬テイエムタイホー、騎手浜中、調教師鈴木孝志、馬主竹園正繼。

3着馬ミッキーラブソング、騎手小牧、調教師橋口弘次郎(2月で定年)、馬主野田みづき


上記が今年の東西の金杯で馬券になった面々だが、とくに人気の無い時には注意を払いたい。




そして今日はそれにプラスして、馬券にはならなかったが東西の金杯に出走した馬たちもその後は人気薄で活躍することがしばしば見受けられるのでこちらも合わせて覚えておくと良いだろう。

ちなみに下記は去年の東西金杯に出走した馬たちのその後の動向である



★2015年中山金杯出走組

4着パッションダンスは9月の新潟記念を6番人気で快勝。

5着アイスフォーリスは引退レースとなった中山牝馬Sで2着に好走。

6着マイネルフロストは福島民報杯を快勝。

7着ヒュウマは一息入れた5月の大阪城Sで8番人気で3着。

9着ナカヤマナイトも2走後の5月の新潟大賞典で13番人気にもかかわらず2着に激走。

10着ペルーサは夏の札幌日経OPで久々の勝利。

12着アンコイルドは5月のブリリアントSで13番人気で3着に好走

13着ケイアイエレガントは次走の京都牝馬Sを9番人気で逃げ切り勝ちを収め、G1ヴィクトリアMでは12番人気で大万馬券の片棒を担いだ。



★2015年京都金杯出走組

4着フルーキーは東京新聞杯、ポートアイランドSで馬券になり、暮れのチャレンジCを快勝。

5着グランデッツァは都大路Sで馬券になり、夏の七夕賞を快勝。

6着メイショウヤタロウは5月の谷川岳Sで13番人気で2着の激走、米子Sでも7番人気で3着に入り、夏の小倉日経OPを快勝。

11着アズマシャトルは白富士Sと夏の小倉記念を快勝。



全馬が全馬という訳ではないが、金杯に出走して例え下位着順に終わっても、その後のレースで人気薄で穴を開けているのが見受けられる

従って、今年の東西金杯の出走馬たちにも目を光らせておけば、美味しい馬券にありつける可能性が高いので楽しみにしていよう。





スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

金杯は不覚を取るもコンピ指数馬券術が冴える! [金杯]

1年の計は金杯にあり!ということで、なんとか獲りたかった東西の両金杯だった。

だが、残念ながら両方とも不覚を取ってしまった。

中山金杯の方はライズトゥフェイムからの馬券を買うも惜しくも4着。

期待した石川君だったがやはり経験値の差が出てしまったか?

大外をメンバー中最速の上がりで追い込むも馬券にはならず

片や京都金杯の方は荒れると見込んで人気薄のマジェスティハーツから買うもこちらは全然見せ場なし

2着にきたテイエムタイホーはマジェスティの次に見ていた穴馬だったのだが、肝心のウインプリメーラは買えなかったのでこちらは完敗。

金杯で乾杯とはいかなかったが、その金杯以外のレースで有馬記念に続く独自のコンピ指数馬券術が冴えわたっていた。

京都9Rの初夢ステークスの3連複86倍を獲り、中山最終の3連単140倍も頂き、圧巻だったのはコレ
20160107015847.jpg

単勝50倍のクラウンシャインが2着に入ってくれたおかげで、3連複は139倍になった。

ココのところ正攻法で予想するよりも、コンピ指数の方の予想の方がなぜか成績が良い

とりあえずはトータルがプラス収支ということで気分良くウインズをあとにできたのがなによりだった。

今週は成人の日の月曜日も含め嬉しい3日間開催。

調子を落とさず頑張りたい。




スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2016年度の競馬を占う東西金杯の行方は? [金杯]

さぁ、待ちに待った今年の競馬が今日スタートする

開幕を飾るのはどちらも難解なハンデ重賞。

1年を占う意味でこの中山金杯、京都金杯はとくに見逃せないレースなので馬券を当てるのはもちろんのことだが、シカと見届けたい。

まず中山金杯の方だが、今年は珍しくフルゲート割れの14頭となった

2頭減ったことで例年より外枠の馬の不利というのは若干は軽減されると思う。

大方の予想通り角居&デムーロコンビのフルーキーが1番人気になっている

ココでもしデムーロが勝つなら正月を挟んで重賞5連勝という快挙になるが、年も変わったのでそういまくいくかどうか?

面白いことに申年金杯の時の1番人気馬に勝ち馬無しというデータが出ている。

もう一つ快挙というならココ毎年正月競馬から参戦しているF.ベリー&池江厩舎がベルーフで勝てば同一重賞3連覇という離れ業になるのだが、果たしてどうだろう?

結論から言えば軸にしたいのは大外のライズトゥフェイム。

コース適正の高さでいえば出走馬の中では一番であろう

今年は去年以上に飛躍が望める若手ホープの石川君の度胸ある手綱捌きに期待したい

相手は6枠両頭にルメールがピンチヒッッターを努めるブライトエンブレム、戸崎&堀厩舎が新年から暴れそうなネオリアリズム、ヤマカツエースに大穴なら単騎逃げをカマした時のスピリッツミノルを買ってみたい。


京都金杯の方は中山金杯より難解度が高く、恐らく荒れるのは間違いなしと見る。

このコースで良績をあげてるディープインパクト産の人気を集めそうな馬が外枠に入ったことが更に予想を難しくさせている。

ココは荒れると踏んで人気薄の馬から買ってみよう。

相手なりに走るタイプで実績も他馬と見劣らないが現在は11番人気。

G1、G2ホースと戦ってきた経験を生かしてマジェスティハーツの一発を狙ってみる





スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2016年の年男騎手&調教師、東西金杯の重要度とは!? [金杯]

2016年の競馬も間もなく開幕する

『一年の計は「金杯」にあり!』

金杯を当てて気分良くその年の競馬を乗り切りたい

例年、この東西の金杯に強いと言われているのは『年男』

去年の京都金杯も年男の池添がウインフルブルームで勝利を挙げた。

申年の年男(騎手&調教師)は誰だろうと調べてみた

まずジョッキーの方では去年リーディングを獲った戸崎を筆頭に熊沢、横山典、北村宏司、酒井学、高田潤、菅原隆、杉原誠、菱田裕の9名。

調教師の方では佐々木晶三、根本康広、加藤和宏、笹田和秀、浅野洋一郎、小島茂之、荒川義之、池添学、松下武士、黒岩陽一、武井亮の11名。

以上の騎手と調教師には金杯も含めそれ以降の競馬にも注意を払っておきたいところである。


そして、もうひとつ大事なのが『一年の競馬はまさしく「金杯」にあり!』

これはどういう意味なのかといえば

東西の金杯で馬券になった馬や騎手、調教師、馬主をしっかりと頭に叩き込み

年間を通して追いかけてみること。

去年で言えば中山金杯を勝ったラブリーデイは年頭から秋後半まで様々なレースで馬券対象になり

そのラブリーデイの馬主の金子真人氏所有のデニムアンドルビーは宝塚記念でワンツーを決めた

そして宝塚記念から鞍上が変わったショウナンパンドラは、ココから京都金杯を勝った池添に乗り代わり11番人気での激走

ウインフルブルームで勝った馬主の(株)ウインは人気薄のウインファビラスで新潟2歳S、阪神JFで激走

その京都金杯2着のエキストラエンドは秋の京成杯AHを11番人気で激走し大万馬券の片棒を担ぐ

エキストラエンドの調教師である角居氏はサンビスタ、フルーキー、リオンディーズで暮れに大爆発!

京都金杯3着のマイネルメリエンダの鞍上だった丹内も去年マーチSで初重賞勝ち。

こうしてみるといかに金杯というレースで馬券になったことが大事かおわかりになるだろう

これは自分も毎年忘れずに馬券検討の際には注意を払っている

ぜひこれを覚えておけばあなたにもきっとお宝馬券が舞い込んできますよ!!



スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。