So-net無料ブログ作成
共同通信杯 ブログトップ

共同通信杯は武豊と松田国コンビが再び旋風を巻き起こす舞台となるのか? [共同通信杯]

レベルの高い今年の3才牡馬世代。

サトノダイヤモンド、リオンディーズに続く馬は果たしてどの馬か?

今週もまたクラシックへ繋がる一戦でもある共同通信杯が行われる。

この共同通信杯もココ最近、ドゥラメンテにリアルスティール、イスラボニータ、ゴールドシップにディープブリランテとこのレースをステップに活躍馬を排出している出世レースだけに見逃せない一戦となりそうだ。

下馬評からは2戦2勝のハートレーと東スポ杯2歳Sの覇者スマートオーディンの2強対決が濃厚なのではといった感じが伺える。

どちらに軍配が上がるかといえば、まぁ競馬だから走ってみなくちゃわからない部分もあるが

久々に有力馬を抱えてクラシック戦線に殴りこみをかける松田国厩舎のスマートオーディンの方に目がいってしまう

松田国厩舎といえばご存知クロフネやタニノギムレット、キングカメハメハにダイワスカーレット、ダノンシャンティといった数々のG1ホースを育てあげた実力あるトレーナーだ。

ただ、強い馬をスパルタ調教で育てるもどちらかといえば大方の馬が短命で終わっていることから「クラッシャー」という愛称がいつしか出来てしまったという事実があるのは周知の通り。

これについては賛否がわかれるところだが、松田国氏曰く「自分たちは馬が壊れたときの損失がどれだけ大きいかを知っています。だから、どうしても安全なほうに行きたがる。しかし、それでは強い馬をつくれません」という持論には確かに頷けるところもあるんだが・・・

まぁ、いずれにしても今年の春は故障さえしなければこのスマートオーディンと、もう1頭馬主がサンデーレーシングでキングカメハメハ産駒のバティスティーニという期待馬が、揃ってクラシックロードへ駒を進めそうなので松田国厩舎からも目が離せなくなりそうだ。

鞍上の武豊もクロフネ、タニノギムレットで大レースを制し松田国厩舎との相性は抜群である

先週のきさらぎ賞では自身が乗っていたロイカバードが一歩後退したことから、今週のスマートオーディンに賭ける意気込みは更に強くなっているはず。

前走の東スポ杯2歳Sと同舞台でもあるのでココは確勝を期待したい






スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
共同通信杯 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。