So-net無料ブログ作成
検索選択
阪神大賞典 ブログトップ

銀行レースとして馴染みのある阪神大賞典だが、今年も銀行馬券か! [阪神大賞典]

3日間開催の中日には注目の皐月賞トライアルスプリングSともう一つ阪神で阪神大賞典が行われる。

この阪神大賞典というレースは毎年少頭数で行われ、堅い決着が多い銀行レースとしてもお馴染みである

今年も現時点では11頭と登録数も少なく、もしかしたら10頭を割るようなことにもなるかもと面子を見渡してそう思った。

芦毛の怪物ゴールドシップが引退し、現時点での古馬戦線は有馬記念で4連勝を飾ったゴールドアクターが一歩リードしてるように見られるが

今回の阪神大賞典や次週に行われる日経賞、更には産経大阪杯の結果次第では混沌としてくる気配を感じている

ゴールドアクターの次に有力なのは去年の菊花賞を勝ったサブちゃんのキタサンブラック

そのキタサンブラックは北村が戦列を離れているために武豊が手綱を取り日経賞か大阪杯に向かう模様

ただ、その日経賞には武豊のお手馬にもなったディサイファが控えており、やはり大阪杯が有力か?

そしてもう1頭忘れられそうになっていた菊花賞馬のトーホウジャッカルが鞍上をデムーロにスイッチして今週の阪神大賞典で復権を目指すことになっている

そのトーホウジャッカルの相手となりそうなのが、ようやく重賞でも通用してきたシュヴァルグランだ。

恐らくこの2頭で人気を分け合い、それに続くのが京都記念で復調を感じたアドマイヤデウスか。

いずれにしろ今年の阪神大賞典はこの3頭が主力を形成し、展開次第ではギリギリ馬券圏内に入れるかどうかというところのタンタアレグリアとカレンミロティックのほぼ5頭の競馬だと見ている。

シュヴァルグランには、あのオルフェーブルを同じこのレースで破ったギュスターヴクライとどこかダブるところがある。

配当的には妙味無いレースになりそうだが、マカヒキを管理する友道厩舎でもあり勢いがあるシュヴァルグランの方を頭に取りたいと現時点では考えてる
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
阪神大賞典 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。