So-net無料ブログ作成
大阪杯 ブログトップ

JRAカレンダーからのサインでハーツクライ産駒を重視したものの・・・ [大阪杯]

月変わりの初っ端の東西の両重賞。

G1でなくても、どちらかでJRAカレンダーからのサインが発せられるだろうと思って馬券を買ったダービー卿CTに大阪杯だった。

狙いはどちらの重賞にも出走してきた「ハーツクライ」産駒だった。

ダービー卿CTの方には紅一点のマジックタイム、そして大阪杯の方にはG1ホースのヌーヴォレコルトである

どちらが馬券になりそうかと考えた時、片やマジックタイムは中山ではあまり良績がなく、まだ重賞未勝利。

対してヌーヴォレコルトの方は裸同然の54キロでの出走でトライアルや前哨戦に強いところがある

土曜日の岩田を見ていたら、久しぶりに彼らしい騎乗が目立っていて2勝を挙げていた

やはり軸として考えるなら大阪杯のヌーヴォレコルトだろうと思い、馬単と3連複で勝負をした。

そしてダービー卿CTの方は「ハーツクライ」産駒よりも、今月の主役の「ルメール」を重視してしまい、こちらの方はそのサトノアラジンからの馬単表裏の馬券で勝負をした。

結果はご存知の通りダービー卿CTの方がその「ハーツクライ」産駒のマジックタイムが優勝し、ロゴタイプとの馬単が万馬券

さらに3着に負けたサトノアラジンを絡めた3連複でも7000円という配当がついてなお愕然とした。

そして、期待したヌーヴォレコルトは正攻法の競馬をするも直線で伸びきれずに凡退してしまい、タテ目決着で終了。

紙一重のところで美味しい馬券を逃してしまって幸先の悪い4月のスタートを切ってしまった。

今週からクラシックに突入するが、とにかく気を取り直して桜花賞と他の重賞レースに挑む構えだ。

今週はルメールがビシッと決めてくれるだろう

後は相手探しだな
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
大阪杯 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。