So-net無料ブログ作成
検索選択
桜花賞 ブログトップ

藤田菜七子ちゃんの初勝利がせめてもの救いだった桜花賞Day [桜花賞]

JRAさん、4連複ってないの?

昨日は自分が本命にした馬が「4着」というのがほんと多かった。

昼過ぎに汐留のウインズへ出掛けていき、福島の9Rから参戦したんだが、馬券を買った全11レース中、本命にした馬が4着になったのがなんと6回もあった。

中山9Rデイジー賞のレッドシルヴィ、中山12Rのマレーナ、福島9Rのシェーンメーア、福島12Rのリミットブレイク、阪神9R忘れな草賞のミッキーグッドネス、そして極めつけは桜花賞のメジャーエンブレムだ。

何かに祟られてるような感じがした。

しかし、これじゃいくらなんでも勝てないわな

阪神JF,クイーンCと圧倒的な強さで勝ってきて単勝1.7倍に支持されたメジャーエンブレム

前2走と同様に持ち前のスピードとパワーで他馬をねじ伏せるだろうと思っていたが・・・

「展開は水物」とはよく言ったもんだね

あのような瞬発力勝負のレース展開になってしまっては幾らメジャーエンブレムといえどモロさが出てしまったか。

過去にもこのような光景を何度となく見てきてはいるんだが、今回はメジャーエンブレムへの思い入れが強すぎたな、ほんと反省せねば。

いずれにしろこの馬は父親のダイワメジャー譲りの、先行押し切りができるような展開にならなきゃ駄目なのは昨日の競馬でハッキリとした。

陣営はこの後はどうするんだろう?

オークスかNHKマイルか?

まぁ、素質は一級品なのでリベンジする機会はまだまだ残されてるだろう。

昨日は馬券の方も散々な目にあったが、藤田菜七子ちゃんが待望のJRA初勝利を挙げたところを見ることができたので、それが何よりの救いだったかな。

インタビューの時に見せたあの菜七子スマイルはほんと可愛かったな

今週も船橋金沢、福島と大忙しの彼女だが、ほんと頑張ってもらいたいね
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2016桜花賞のサインは藤原紀香&藤原竜也!? [桜花賞]

都内の満開だった桜もあっという間にピンクの花びらが散り、新緑に向かって緑色を帯びてきてる

いつも思うけど、なんで桜の寿命ってこんな短いのかね?

せめてもう少し楽しませてくれたらなぁと思うんだが・・・

競馬の桜の方は明日が満開予定!

美味しいお酒を飲むにはやはり馬券を当てないとね。

すでに桜花賞の前売りが行われており、まぁ、予想通りというかメジャーエンブレムが単勝1.4倍(当日はもう少し上がるか?)

大本命馬らしく多くの支持を集めている。

いつも言うように競馬だから何が起こるかはわからないが、ほぼ頭はメジャーエンブレムで間違いないだろう

JRAからもそういうお墨付きを貰ってるしね(JRAカレンダー4月の表紙・ゼッケン番号5番ハーツクライ)

JRAカレンダー4月の表紙 ハーツクライ

とにかく後は相手が難問。

メジャーエンブレムの後に人気になっているジュエラー、シンハライトの2頭はよくて3着のような気がするんだがなぁ

そこで頼りにするのが別路線の桜花賞のサイン。

ココ最近、世の中で話題になった事柄から抜粋すると、やはり藤原紀香 愛之助の結婚が注目を浴びた。

それは早速先週の大阪杯でも使われた


横山典弘=藤原紀香(ノリちゃん馬券)


もう一回ぐらい使われてもいいだろうと思っていたら、なんと桜花賞当日のプレゼンターは「藤原竜也」

去年のヴィクトリアMでも東京競馬場にプレゼンターとして来場された本人だったが、その時の勝ち馬はご存知ストレイトガールの藤原厩舎だったのだ!

藤原紀香に藤原竜也、こう「藤原」が続くとやっぱり無視できないのが7枠15番に入ったラベンダーヴァレイ。

まずは、メジャーエンブレム⇒ラベンダーヴァレイの馬券は厚めに買っておかないとな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

桜花賞のメジャーエンブレムの相手には今回も人気薄? [桜花賞]

桜花賞の枠順が確定した。

阪神地方の土曜日、日曜日の天気は晴れ

気温も20℃以上になるというので絶好の馬場コンディションの中で今年の桜花賞は行われそう。

注目のメジャーエンブレムは絶好ともいうべき3枠5番からのスタート。

恐らく隣に入ったビービーバーレルともに赤い帽子が2頭で先陣を切りそう。

どちらが先頭を奪うのかはゲートが開いてみないとわからないが、今回はこのビービーバーレルを先に行かせてメジャーエンブレムは番手からの競馬をするのではないか?

どちらにしろ自分でペースを作れるメジャーエンブレムにとっては去年のルージュバックみたいに窮屈なところに入ってしまって抜け出してこれないなんてことはまず無いといっていいであろう。

結論から言えばスピードとパワーを兼ね備え、現時点での完成度も高いこのメジャーエンブレムがまずは牝馬1冠を物にするとは思っている

クイーンCの勝ち馬がなかなか桜花賞を勝てないというジンクスが囁かれてはいるが、阪神JFとクイーンCを連勝するというのも異例のローテーション。

同じように一昨年のNHKマイルでもミッキーアイルがアーリントンCからの直行では危ないのではとレース前に危惧されたが蓋を開けてみれば堂々の逃げ切り勝ちを収めているのも事実。

とにかく後は相手候補を見つけるのが重要で、今年の桜花賞の馬券を的中できるかどうかの鍵を握っている。

メジャーエンブレムの次に続くのはジュエラー、シンハライト、アットザシーサイドという順か?

いずれにしろ相手が難しい

こういう大本命馬がいる時というのは相手は人気薄が入るということが得てして起こるのが競馬でもある。

面白いことにこのメジャーエンブレムが連れてきてる相手は過去3つの重賞が全て人気薄ということ。

前述したミッキーアイルがNHKマイルで勝った時も相手には2着が17番人気、3着にも12番人気という馬が入り大波乱になったが

こういうケースがあるので相手選びも幅広く馬券を購入する必要があるかなとは思っている





【無料】競馬に必須の予想ツール【KLAN.jp】

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
桜花賞 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。