So-net無料ブログ作成
検索選択
東京競馬場 ブログトップ

新緑が芽生える東京競馬場での生ライブ観戦はほんと気持ちが良い! [東京競馬場]

早いもので皐月賞も終わり、今週から東京京都に舞台を移して競馬は行われる。

競馬というのは1年中どこかでやってはいるが、今週の土曜日から5月のオークス、ダービー、そして6月の安田記念まで続く春のこの開催は自分にとっても一番好きな時期でもある。

桜の時期が終わって新緑が深まる府中の東京競馬場にはすがすがしい春の風が吹きぬけ、天気が良く空が澄渡っている日は右手に富士山も拝めるし、そんな中で競馬をライブで楽しんでいるとほんと気持ちが良い。

自宅から中山競馬場までは結構距離があるので行くことはほとんどないが、府中なら自宅から電車でも40分ほどで行けるので毎年府中でG1が開催される時期には足を運んでいる。

現地へ行くと必ず行くのが半地下のホースプレビューの斜め前にある「豚や」という売店。

東京競馬場内にある豚や

ココは豚料理が専門のお店でそこの「角煮丼」というのが自分にとってのお気に入りの一品でもある。

東京競馬場内にある豚やの角似丼

ご飯の上にのってる角似が柔らかくて味がしみこんでいてほんと旨い!

それに、この「角煮丼」にビールというのがまた合うんだよねぇ~

豚の角煮が好きだよって人はぜひ東京競馬場へ行ったら寄ってみてください




今週はG1の谷間ということもあり、東京と京都のフローラSとマイラーズCのG2の重賞のみ

思い出されるのが2年前のフローラSのあった日。

後輩と一緒に午前中から東京競馬場へ行っていたんだが、あの日は「彼」の運命を分けた日でもあったんではないか?

その「彼」とは去年他界してしまった後藤浩輝騎手のこと。

フローラSが行われる前のレース「府中市制60周年記念」でジャングルハヤテに跨っていた後藤が、リラコサージュに乗っていた岩田にまたもや接触され落馬をしてそのまま救急車で搬送されたのだった。

運悪く、以前(NHKマイルで落馬した時)に痛めた同じ箇所を骨折損傷してまたもや長い闘病生活に入ったのがこの時期だった。

あの度重なる落馬事故がなければまだまだ彼は今頃騎手として頑張っているはずだと思うとほんと残念でならない。

そんな苦い思い出があるフローラSの開催日がまたまたやってくる。

しかしあれから2年か、時が経つのはほんと早く感じるねぇ





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
東京競馬場 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。